循環器内科の医師の仕事内容は?

循環器内科医師TOP >> FAQ >> 循環器内科の医師の仕事内容は?

循環器内科の医師の仕事内容は?

疾患の程度によっては時として重篤な症状を発生させる循環器の異常ですが、この循環器における健康回復を促していく存在として循環器内科の医師の存在が非常に大きいのです。この循環器内科の医師ですが、具体的にどのような仕事内容を持っているのでしょうか?

・初期の総合的診察
・薬物投与治療
・心臓カテーテル治療

救急搬送などで救急病棟に運び込まれて救急救命医による治療が行われるケースは別として、循環器の異常はまず循環器内科の医師によって初期診察が行われます。よって、この段階における循環器内科の医師の役割は非常に大きく、目の前の患者に対してどんな治療が必要かを総合的に判断しなければなりません。

また、循環器内科の医師が診断を終えてやっと外科治療がでることから、循環器内科の医師は非常に高い診断力が要求されることになって行くでしょう。

そして、軽い高血圧や狭心症なのであれば薬剤を処方して治療を進めて行くのが、元々の循環器内科の医師としての代表的な仕事だったのです。しかし、この薬物治療はある程度病状が進行してしまうとコントロールができなくなるのが常で、結局は最終的に外科治療に委ねることも多かったのです。 そのため、薬物治療を進めていく上でその効果を最大限に上げていくために、日常生活特に食生活における改善指導などを徹底的に行っていることが大きな特徴でもあります。

そのような薬物中心の治療が一変したのは、心臓カテーテルを使った治療法の導入と言えるでしょう。具体的に言うとこのカテーテルを冠動脈などに挿入して、ステントと呼ばれる金属メッシュ使って血管の狭い部分を物理的に広げる治療を行うことができるようになっています。

冠動脈のカテーテル治療は物理的に体に医療器具を挿入することから、いかにも外科治療のように見えますが通常は内科医によって施術されることが一般的なのです。しかし、このカテーテルは心臓毛管外科の医師による大動脈疾患においても低侵襲のオペ用に重宝されるようになっていて、循環器の治療にはなくてはならない大きな存在に成長していると言えるでしょう。

さて、そんな存在感の増した循環器内科の医師における更なるキャリアアップを行っていくのであれば、転職エージェントサービスなどに積極的に無料方法エントリーを行っていくことにしてください。忙しい医師の方の転職には、エージェントによるマッチングをしてもらうことで迅速な職場入職が可能となります。

医師の循環器内科の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2015-2016 循環器内科の医師募集ナビ All Rights Reserved.