循環器内科の医師は不足している?

循環器内科医師TOP >> FAQ >> 循環器内科の医師は不足している?

循環器内科の医師は不足している?

日本人の食生活の変化もあって、心臓や血管などの循環器の疾患が急増しています。今後も急増して行くと言われている循環器の健康管理を行ってくれるのが循環器内科の医師と言えるでしょう。しかしこの循環器内科の医師は、勤務医特に総合病院における勤務医が不足していることが知られています。

現在は循環器内科の分野も心臓カテーテルの治療などで、その需要も非常に高くなっている傾向にあります。そのため、多くの医師が循環器内科を診療科としてクリニックなどを開業するケースも良く見受けられます。ただ、これらのクリニックは都会や地方でも市街地部に集中している傾向にあるのです。

地方でも田舎や僻地になりますと、医療機関と言えば市町村の公立病院を中心とした総合病院がメインとなります。しかも、このような総合病院には循環器内科を専門に扱う医師が1人しかいないことも多く、更にいつ別の医療機関に行くのかも分からない非常に流動的な医師人材であることも多くなっていることでしょう。

また、事実上優秀な循環器内科の医師と言うのは都会に集中する傾向にあることから、僻地における循環器内科の医療水準は決して高いとは言えない状況になります。さらに、都会の医師以上の待遇や労働条件を提示したとしても、医師の応募自体がほとんどない職場も現実的に存在しているのです。

しかし循環器内科の医師に関わらず、高待遇の条件を用意されても田舎を中心とした医療機関に医師が定着しないのは田舎ならではの問題もあると言われています。一体どんな原因があるのでしょうか?

・田舎の高齢者との意識差
・地域コミュニティへの溶け込み難さ
・孤独感

同じ日本と言っても、高齢者に関しては地域ごとの伝統的なアイデンティティが身に着いていることもあって、医師が今まで接してきた高齢者のタイプと大きくかい離する場合もあってコミュニケーションに難儀するケースもあります。 そして、地域独特のコミュニティにおいても煩わしさを感じるケースも非常に多くなっていると言えるでしょう。医師も人間になりますので上手く繋がりを保つことができないと、深刻な孤独感に苛まれることになって行くのです。

そんな状況の中で、人材の不足が深刻な循環器内科の医師としてより良い労働条件を持った職場へのステップアップを行っていくのであれば、転職エージェントなどを利用して自分に合った職場を見つけていくことにしましょう。エージェントであれば、各職場の環境を熟知しているので各転職先における生活上の注意点などもアドバイスしてくれます。

医師の循環器内科の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2015-2016 循環器内科の医師募集ナビ All Rights Reserved.