循環器内科の医師のやりがいは?

循環器内科医師TOP >> FAQ >> 循環器内科の医師のやりがいは?

循環器内科の医師のやりがいは?

医師という職業にどういったイメージをお持ちですか。収入が高くて華やかで、スマートでかっこいいなんていうイメージを持っている人も多いかもしれません。しかし、そのイメージの全てとは言いませんが、現実は少し違っています。確かに社会的地位も高く、子供たちが将来なりたい職業の人気度も依然として高いものです。これはテレビドラマや映画のイメージが少し影響しているのかもしれません。

実際は診療科にもよりますが、休日であっても急な呼び出しがあったり、残業することも多く体力が必要となってきます。また連日の勤務でリフレッシュする時間が無くなったり、自分では治すことが出来ない患者が出てくると自分の力の無さを痛感したり、医者はミスをしてはいけないという世間の目を感じたり、精神的にもつらいことが多々あります。実際に辞めていく人も多く、辞めないまでも開業して少し仕事を限定したり、これまでの診療科とは別の診療科へ移っていく人もいます。それでも医師になりたい人にとって、そのやりがいはどこにあるのでしょうか。

医師にとって、やはり一番のやりがいは患者の笑顔ではないでしょうか。ありがとうの一言と笑顔は最強です。病気やけがで苦しんでいる患者を一人でも多く自分の手で解放へと導くことが出来ることはこの上ないやりがいです。もちろん医師の力だけはなく、患者自身や患者の家族、医師や看護師を含めた患者に係わった全ての人の力で病気に打ち勝つことが出来るということを忘れてはいけません。ただし、医師は目に見えた病気や怪我を治すことだけが仕事ではありません。心身ともに治療をするという特別な職業です。がんでこの先長く生きられない、事故や病気でこの先腕や足が動かなくなるかもしれない、子供が欲しいのになかなか子供が出来ない、事故で負った傷跡をもう少しきれいにしたいなど、病院を訪れる人の悩みは様々です。しかしその患者に合った選択を全てしていかなければならないのが医者です。人間の人生に大きくかかわり、更に人生を変えることも出来ます。

循環器内科においても医師としてのやりがいは大きく変わることはありません。ただ、循環器は生活習慣病からくる病が多いので、ロングスパンでものごとを見る必要があります。すぐ目に見えた効果を実感することは難しい分野ですが、少しずつ患者の笑顔が増えてきたのであれば、それは医者に与えられた最高のプレゼントであるといえるでしょう。

医師の循環器内科の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2015-2016 循環器内科の医師募集ナビ All Rights Reserved.