循環器内科の医師に関する資格は?

循環器内科医師TOP >> FAQ >> 循環器内科の医師に関する資格は?

循環器内科の医師に関する資格は?

医師になるには、医師免許が必要です。まずは医学系の大学へ進学しなければなりません。医学部を設置している大学は国立大学・公立大学・私立大学があり、全て6年制となっています。他の学部に比べて設置されている大学の数は少なく、定員も少ない為非常に狭き門となっています。非常に人気のある職業で、なりたいと思うのであれば浪人も当たり前です。この競争に勝った人がまずは勉強する権利を与えられます。6年間勉強をして大学を卒業すれば医師になれるのかというとそうではありません。次に医師国家試験に合格しなければなりません。この資格がなければ医師とは認められません。試験は年に1度のみで、不合格であればまた来年受験ということになるのです。更に2004年から医学部生の卒業後の臨床研修が義務化されています。2年以上の研修が必要で、この後ようやく研修医としての勤務を終え、自分が行きたいところへ行くことになります。

就職先としては大学病院をはじめとして、公立病院・私立病院・診療所などがあり自分の希望する診察科があるところへ就職することになります。循環器内科医を希望する人は循環器があるところを探さなければなりません、

循環器内科では更に日本循環器学会認定循環器専門医制度というものがあります。これは循環器内科医のレベル向上と社会福祉に貢献しようとする意図をもって作られたものです。循環器専門医資格認定試験は毎年1回筆記試験によって行われています。受験にはまず日本国の医師免許を有していること。申請時に日本循環器学会の会員であり、かつ6年以上の会員歴があること。そして日本内科学会認定内科医もしくは同等と認められる学会認定の資格があること。6年以上の臨床研修歴があること。この全てを満たすものがようやく受験をすることが出来ます。

受験には循環器専門医資格認定審査申請書・診察実績表・指定施設研修終了証明書の提出をしなければなりません。合格率は85%前後が水準で、一つ注意しなければならないのが書類審査があるということです。書類選考を通過したものだけが晴れて受験できる仕組みとなっています。循環器内科は高齢者の増加や生活習慣病の増加によって非常に注目されている診察科です。医師となったことだけで満足するのではなく、自分自身のスキルアップを資格という形で残すことで対外的にも非常に重要なアピールとなります。この資格を持っていることで更なる信頼を得ることにも繋がるのです。

医師の循環器内科の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2015-2016 循環器内科の医師募集ナビ All Rights Reserved.