循環器内科の医師の募集は多い?

循環器内科医師TOP >> FAQ >> 循環器内科の医師の募集は多い?

循環器内科の医師の募集は多い?

循環器内科は一般の内科に比べて生死に関わることが多い診療科です。循環器は心臓と血管を扱った診療科で、心臓のリズムが乱れているという不整脈や、急に胸が苦しくなる狭心症などの他に心不全・高血圧・心筋症・動脈硬化などがあります。生活習慣病となっているので日常の細かい変化に気づかなければなりません。また非番の日であっても電話が鳴って急に呼び出しなんてことは数多くあります。循環器内科医はプライベートの充実を考えているのであれば少し厳しいと言わざるを得ません。体力的にも精神的にも非常にタフさを求められるのです。

循環器内科は体力的にも精神的にも厳しく、すすんでなりたいと思っている人は少ないように見られています。転科を考える人も多く、他の科に比べて循環器内科の医師の募集は多いです。実際は専門科医の資格取得を考えると、循環器内科は人気のある診察科の1つです。しかし現実問題としてそれを超える体力と精神力に限界が来る人が多くいです。このため循環器内科の医師の募集はほぼ慢性的に行われています。

循環器内科では冬は寒さで心筋梗塞、夏は脱水での心筋梗塞が増えます。病院勤務であれば年がら年中、昼夜関係なく忙しい科です。とにかく急変が多く、少しでも対応が遅れれば死に直結します。素早い判断力と、決断力が必要です。緊急の手術も多く、カテーテルでの手術がしょっちゅうあります。この手術の数があまりにも多いので、これを苦にして循環器内科を離れたがる人も多いようです。

このほかにもレセプトや診断書などの事務処理もあります。他の科に比べて患者の数が多いので必然的に書類の数も増えますよね。自分が担当している患者の数だけでもかなりの数になります。循環器内科では外来対応・カテーテル手術・入院患者の対応・救急患者の対応・その他検査の立ち合いと対応・書類の作成・整理と多岐に渡っています。更に土日には論文のための勉強会やセミナー、研修会などが入っている人もいるので、どこが休みなのか全く分からないという状態となってしまします。この間にも急な呼び出しも多くあるので1日24時間あってもたりないぐらいです。朝から晩まで仕事をして、次の日も朝から晩までと厳しい生活を覚悟しなければなりません。またカテーテルの手術も多く、この手術が出来る医師の需要が高いです。手術が出来ることが大前提での求人が多く、それなりの経験が求められています。循環器内科の医師の募集はこの先も減ることはなさそうです。

医師の循環器内科の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2015-2016 循環器内科の医師募集ナビ All Rights Reserved.