循環器内科の医師への転科はどの診療科出身が多い?

循環器内科医師TOP >> FAQ >> 循環器内科の医師への転科はどの診療科出身が多い?<

循環器内科の医師への転科はどの診療科出身が多い?

最近は多くの公的施設でもAED(自動体外式除細動器)を見かけるようになり、それだけ心臓や血管などの循環器に関する疾病の深刻化を意味しています。そして、そんな循環器の治療に不可欠なのが循環器内科の医師と言えるでしょう。

この循環器内科の医師ですが、実は非常に多くの医師によって転科がチャンレンジされることも非常に多くなっています。特に、同じ循環器の治療に当たる心臓血管外科の医師の転科が最も多くなっているのです。 心臓血管外科の医師は、常日頃から循環器内科の医師と患者の治療についてコミュニケーションを行っていますので、他の科からの転職については比較的容易なケースとなっていきます。

しかし、心臓血管外科の経験者であっても一概に循環器内科の医師への転科が向いていると言えない部分もあります。それは循環器内科の医師は確かに循環器が専門であるものの、総合的な内科医としての業務をこなして行かなければなりません。 つまり、患者がどんな病状であってもそれを見極めるための総合的な診断力が求められることになります。心臓血管外科の医師の場合は、循環器の外科治療にスキルを特化しているために研修医時代に内科を十分にこなした経験が無ければ転科が難しくなっていくのです。

循環器内科の医師への転科であれば、やはり同じ内科系の専門である消化器内科・呼吸器内科からの転科が有利になって行く場合もあります。このような専門内科医として勤務している医師は、少なくともすべての内科経験を持っていますので転科できる下地もあることから成功する確率は非常に高くなります。 最近は内科医でも肺動脈や消化器官へカテーテル治療を積極的に行いますので、この経験が循環器内科の心臓カテーテル治療にも大きく役立つことになります。

内科医と言うのは基本的にジェネラリストであるべきと言う業界の見方もあって、どんな内科医も専門的な治療分野があったとしてもそれは内科医として多くの疾病を見抜く力を失ってはならないと言う意味を持っているわけです。それとは逆にスペシャリストである外科医からの内科医への転科を左右するのは、内科の経験を如何に多く研修医時代に修得したかにかかっているのですね。

そんな循環器内科の医師への転科を果たして行きたいのであれば、転職エージェントへの無料情報登録を進めて行くことにしてください。エージェントによっては転科を前提とした求人を紹介してくれますので、自身の希望する診療科をしっかりと伝えておくようにしましょう。

医師の循環器内科の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2015-2016 循環器内科の医師募集ナビ All Rights Reserved.