循環器内科の医師の50代の求人は?

循環器内科医師TOP >> FAQ >> 循環器内科の医師の50代の求人は?

循環器内科の医師の50代の求人は?

一般企業でも医師でも、50代ともなるともうすぐ定年が見えてくる世代で、このまま慣れ親しんだところで定年を迎えるのか、もう一花咲かせようと思い切って転職をするのか選択をすることが出来ます。それなりの役職についてゆっくりと仕事をしていく人の割合のほうが多いです。循環器内科医での50代の求人はほとんどありません。大きな規模の病院であればあるほど若手の起用が多く、管理職も決まっているので入る余地がありません。

循環器内科医は中小レベルの規模の病院ではまだ求人があります。医師の数が少人数で、常勤医の数が少ないようなところでは年齢がネックになることは少ないです。むしろその経験が必要になってくることがあります。指導医としての採用を行うところも多く、求人は存在します。ただし、現場第一線とはいかないのが現状です。特にカテーテルの手術は流石に厳しいと言わざるをえません。指導医としてのものであれば手術に立ち会う程度となります。ここは外科と同様と捉えてください。仮に65歳まで現場でと考えるのであれば、その他の手術を必要としない分野の診察がベースとなることを理解しなければなりません。

しかしこれらは50代前半での話です。50代の後半ともなると求人はほとんどなくなります。 もう定年まであとわずかの人間に声を掛けてくれるようなところはあまりないのが現状です。それでもどうしてもというのであれば循環器内科のクリニックを探すか、循環器内科にこだわらず、内科医として仕事を探すといった方法を取らなければなりません。常日頃から色々なところへ声を掛けておくことも忘れてはいけません。かなりの長期戦となることは覚悟しておかなければなりませんし、転職できないこともあるでしょう。それを見越して50代の前半からもしくはその前から動いておかなければなりません。

循環器内科医として最後まで現役でやりたいと考えるのであれば、手術は諦めて診察に力を入れることが第一です。手術にこだわっていると求人は皆無です。また、体力的・精神的な衰えは年齢的なことを考えると仕方ありません。少しのミスが命に係わることは理解しているはずです。自分が出来ることが何かということを考えて、どうすれば人の役に立てるかということを考えてください。色々な制約がある中で、自分が出来ることを探せばおのずと転職先が見つかるでしょう。自分を見つめる冷静な判断がここでも必要となってくるのです。

医師の循環器内科の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2015-2016 循環器内科の医師募集ナビ All Rights Reserved.