循環器内科の医師の40代の求人は?

循環器内科医師TOP >> FAQ >> 循環器内科の医師の40代の求人は?

循環器内科の医師の40代の求人は?

一般企業の40代は多くの人が役職に肩書がついてくるような年代です。大企業では40代後半の課長が多く、管理職として人をまとめていくような立場となっています。医師としては40代はキャリアの中でも最盛期を迎えるような時期です。また逆にキャリアチェンジを考えるような時期でもあります。

医師としての40代は技術的にも脂がのっており、数多くの医師がまさに絶頂期をむかえます。しかし大学病院勤務の医師などは大学内でのポジションは確立されたものがあるわけではありません。40代半ばで教授選へ出馬をする人もいます。その争いに敗れたとなると、この先の大学病院内での体制がはっきりと分かるようになってきます。このため医局を離れて、開業も含めて自分自身がやりたい医療をやる人や、他の大学や企業でポジションをつかもうとする人が出てきます。また教授になったからと言ってそこで終わりではなく、ある程度のポジションを掴んだことで、心機一転を考えて新たな仕事を考える人も多いようです。

一般的に医師の世界では40代の中盤で部長クラスの人が多く、そこから年齢が上がれば上がるほど外科系や専門性の高い求人は少なくなっていきます。対して内科系は外科系ほど年齢にこだわることなく、経験が必要な科であるため転職しやすいのが現状です。大学内でも40代以降はそれほど異動することも無くなるので、ある程度は自分の慣れ親しんだところでゆっくり仕事が出来るとも言えます。ただし、これに満足をしない人も勿論います。管理職が嫌で、もっと現場で仕事がしたいというような人は転科、転職を考えるのです。ただし、大学病院では転職先はほとんど見つからないということがほとんどです。チームとして出来上がってしまっているところが多く、他から入る余地はありません。民間の病院からの求人がほとんどを占めています。これは循環器内科も同様です。民間の病院では大学病院に長く在籍して臨床に長年携わってきた経験と実績は評価が高いのです。大学病院からの転職を受け入れることで、その大学病院との繋がりも期待して採用することも多々あります。

40代の求人の多くは管理職での求人となります。もちろん現場の採用もありますが、それにしてもその先には管理職を期待しての採用となります。民間病院では新ポストを用意しているようなところもあるので、興味のある方は自分の希望する条件に見合うかどうかをしっかりと見極める必要があります。

医師の循環器内科の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2015-2016 循環器内科の医師募集ナビ All Rights Reserved.